2018/04/060 Shares

もう迷わない!プロテインシェイカーを種類から見たおすすめの選び方とポイント

プロテインシェイカー

この記事を読んでいる人は、トレーニングやダイエット初心者の方で、これからプロテインを飲もうと考えている方か、最近飲み始めた方が多いと思います。

プロテインシェイカーは飲み口が付いたものや、網のついたやつなど色々ありますが、どのプロテインシェイカーが良いか迷います。

  • 色々な形や種類のあるプロテインシェイカーからどの形を選んだら良いか?
  • いつも使っているシェイカーだとプロテインがダマになってしまう

今日は形や種類から見た、プロテインシェイカーの良いところ、悪いところを見ながら用途や、目的に合わせたプロテインシェイカーの選び方を紹介します。

スポンサーリンク

プロテインシェイカーの種類

プロテインシェイカーには色々なメーカーから、たくさんの種類が発売されていますが、基本的な形などはこの4種類があります。

  • オーソドックスなボトルタイプ
  • 蓋に飲み口が付いたタイプ
  • 攪拌しやすいように工夫されたタイプ
  • 電動タイプ

この4種類のプロテインシェイカーの特徴などを紹介してみます。

ちなみにジムで使うおしゃれな水筒をお探しの方はこちらの記事どうぞ。

オーソドックスなタイプ

オーソドックスなタイプは、作りがシンプルなので洗いやすくて衛生的です。

taa.は自宅でプロテインを飲むときにももちろん使用してますが、最近はコップ代わりや、料理に使う計量カップとしても利用してますw

このタイプのプロテイシェイカーのデメリットは、飲み口が広いためジムなどで立ち動きながらプロテインを飲むときは、こぼしてしまう恐れがあります。

飲み口が付いたタイプ

飲み口が付いたタイプのプロテインシェイカーは、ジムで筋トレ中にプロテインを摂取したり、帰りの車の中で飲みながら帰ってきても、飲み口があるのと、ワンタッチで開け閉めできる蓋が付いているのでこぼれにくいのがおすすめ。

このタイプのシェイカーのデメリットは、飲み口や蓋などの形状が複雑になっているので、注意して洗わないとプロテインを洗い残してしまう可能性があり、衛生的に不安があります。

洗いやすさ ★★★
混ざり安さ ★★
持ち運び ★★★
価格 ★★★

網や、ボールの入ったタイプ

このタイプのシェイカーはメッシュやメッシュのボールが入っているおかげでプロテインをしっかりシェイクできて、ダマになりにくいのが特徴。

ただし、デメリットは、飲み口付きのシェイカー同様、飲み口やメッシュの部分にプロテインが残っていまい、注意して洗わないと、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

洗いやすさ
混ざり安さ ★★
持ち運び ★★★
価格 ★★

電動式のタイプ

電動式のプロテインシェイカーは、とにかく泡立ちも少なく、ダマにもなりにくいし、なんせ渦巻きがかっこいいです。

taa.の使用している電動プロテインシェイカーは安くて、完璧にシェイクしてくれます。

ボトルには 熱にも強く、傷にも強いABS樹脂を使用しているので、傷がつきにくいため、プロテインが残りにくく、臭いやばい菌の繁殖を最小限に抑えてくれます。

電動プロテインシェイカーのデメリットは種類によっては電池を使用するので電池代がかかる

そして、普通のプロテインシェイカーよりはモーターが付いている分重いので、持ち運びにはあまり向いてはいません。それでも軽いので、実際はあまり気にならないかもしれません。

洗いやすさ ★★
混ざり安さ ★★★
持ち運び ★★
価格

目的や悩み別のおすすめシェイカー

臭いや汚れが気になる方

ここは、しっかり洗うことができれば、どのシェイカーでもいいと思いますが、洗いやすさからおすすめするのはこの2つ。

  • オーソドックスなタイプのシェイカー
  • 電動シェイカー

オーソドックスなタイプはシンプルな形状なので洗いやすく、洗い残しが少ないと思います。

オーソドックスなシェイカーの蓋

凹凸が少ないので洗い易い

電動シェイカーは、ABS樹脂を使用していて、傷がつきにくくプロテインが残りにくいので衛生的なところです。

プロテインがダマになるのが気になる方

プロテインがダマになってしまう原因自体は、シェイカーよりも、プロテインに問題があると思いますがしっかりプロテインをシェイクするならばこの2つ。

  • メッシュやボールが入っているタイプ
  • 電動シェイカー

メッシュやボールが、シェイクしているときに、プロテインをダマになりにくく撹拌してくれるということなので、一応おすすめにしますが、taa.がマイプロテイン のメッシュ付きのシェイカーを使用した感覚では、あまり効果は感じられませんでした
※あくまでも個人的感想です。

メッシュがプロテインを攪拌

電動シェイカーはダマにならない事を目的とするなら最強です。しかも手でシャカシャカシェイクしているときよりも格段に泡立ちはありません。

プロテインがダマになってしまうのが気になる方は、DNSなどのダマになりにくいプロテインを選ぶのもおすすめです。

ジムや会社に持ち運んで利用する

ジムに持ち込んでトレーニング中に使用したり、移動中に使用するならコレ。

  • 飲み口が付いているタイプ

トレーニング中や、移動中はオーソドックスなタイプのシェイカーだと、口が広いので飲んでる最中に揺れでこぼしてしまう可能性が高いですが、飲み口のあるタイプなら、歩いてクールダウンしているときや、帰りの移動中の車の中でも、こぼすことはまずないと思います。

ただし、飲み口のあるタイプは洗うのが大変なので衛生的ではないところがデメリットです。

プロテインシェイカー飲み口蓋

凹凸が多いので洗い残しし易い

雑菌が繁殖する前にしっかり洗う

プロテインは菌が繁殖しやすいので、飲み終えたらすぐに洗う癖をつけましょう。

どのタイプのプロテイシェイカーに共通する洗い方は…

  1. すぐに洗う
  2. 中性洗剤を使用する
  3. あまり強く擦りすぎない

飲み終えたらすぐに洗わないと、飲み残したプロテインに菌が繁殖します。必ず飲み終えたらすぐにすすいで漬けておくか、中性洗剤でしっかり洗いましょう。

ほとんどのプロテインシェイカーのボトル部分は、タッパーと同じ素材のポリプロピレンという柔らかいプラスチックを使用しているので、ザラザラのスポンジで強く擦りすぎてしまうとプロテイシェイカーの内側に傷がついてしまい、その傷にプロテインが残ってしまって衛生的でないのに加えて臭いの原因になります

基本的なプロテインシェイカーの洗い方

プロテインシェイカーに1/3位ぬるま湯を入れて、食器用洗剤を一滴垂らしてフリフリシェイクします。

網が付いているタイプや、メッシュのボールが付いているタイプは、中にボールや網をセットした状態で、フリフリしてやります。そうすることで細かい隙間に付着しているプロテインや汚れを洗い流してくれるので、スポンジで洗う時が楽になります。

特にメッシュやボールが入っているプロテインシェイカーは洗いにくいので、念入りにシェイクしてあげましょう。

洗いにくいプロテインシェイカー

凹凸が多いので洗いにくい

飲み口のあるタイプや、メッシュ、ボールのついているタイプの場合は、形が複雑なので洗い残しをしてしまう可能性が高いので注意してくださいね。

シェイクして大まかな汚れを落としてから、スポンジの柔らかい方で、ポトルや蓋の閉め口をしっかり優しく洗います。

洗い終えたらぬるま湯でキュッキュッ言うまでしっかりすすぎます。

なんども書きますが、シェイカーを衛生的に保つのに大切なことは…

飲み終わったらすぐ洗う

プロテインは牛乳と一緒で腐りやすいので、飲み終わったらプロテインシェイカーをちょっと放置しただけでも、牛乳の腐ったような臭いがしてきます。

臭いがするということは、雑菌が繁殖している証拠です。

すぐに洗剤で洗えない状況でも、必ずすすいでおくくらいの事はしましょう。

長く使うのであれば、洗うことで付いた傷に入り込んだプロテインや汚れを落とすために、キッチンハイターなどで定期的に消毒することをおすすめします。

プロテインシェイカーは賢く使い分ける!

普通のプロテインシェイカーは大抵数百円で購入することができます。容量は大体400mlくらいあれば、初心者トレーニーなら十分です。

  • 自宅ではオーソドックスなタイプや、電動シェイカー
  • ジムでは、飲み口の付いたタイプ

などシェイカーを使う場所によって使い分けるのがおすすめです。

プロテインシェイカーは消耗品

プロテインシェイカーは消耗品です。

何度も使用して洗っているうちに、必ず内側にキズが付いてきます。そして、その傷にプロテインが入り込んでしまい菌の繁殖の原因になります。

普通の手でシェイクするタイプのプロテインシェイカーは、ほとんどが1000円以内で購入できるので、消耗品と捉え定期的に買い換えましょう。

シェイカーを買い換える目安は?

買い換える目安は以下の2つを目安に買い換えしましょう。

  • ボトル部分の傷が目立ってきた
  • 洗ってもプロテインのニオイがする

この2点を目安に定期的に買い換えて使用しましょう。

まとめ

プロテインシェイカーは色々な種類や形状もありますが、比較的安いので気になるシェイカーをいろいろ試すのがおすすめです

根本的に、シェイカーは消耗品なので洗っても臭いが気になってきたら気前よく、新しいシェイカーを購入した方が良いです。

シェイカーを使ってプロテインを体内に入れるわけですから、衛生面は1番気にしてもらいたいところです。

その点、電動シェイカーはABS樹脂を使用していて傷になりにくく衛生的だし、ダマにもならない、泡もたたない、そしてかっこいいときた。

自宅で利用するなら、電動シェイカー一択ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で