2017/10/280 Shares

筋トレ始める意識高い系おっさんにお勧めする市民体育館筋トレのメリットデメリット

毎日ダルダルした二の腕やだらしない腹を見て『やっベーなぁ…筋トレでもすっかな』って思ったあなたは間違いなく意識高い系のおっさんです。

この記事を見てくださっている時点で間違いなく輝く意識高いですけどね。

筋トレしたくても続かない、場所がない、ジムはちょっとハードルが高そう…なんて思って筋トレをなかなか始められないあなたには市や区が運営するトレーニングルームを利用するのがお勧め

今日は、taa.も利用している市や区のトレーニングルームを利用した筋トレのメリットデメリットを紹介します。

スポンサーリンク

なぜ市や区のトレーニングルームを勧めるのか

どうして市区民体育館のトレーニングルームをお勧めしたいのかというと…

  • 行きやすい
  • 安い
  • ちゃんとやれば効果はある

筋トレもやっていなくて、もちろん市区民体育館のトレーニングルームを利用もしたことないおっさん仲間に話をすると…

市区民体育館で筋肉つくの?そもそもマシンとか揃ってんの??

とか聞かれますが、筋トレ初心者おっさんには充分くらい揃っていると思います。利用方法さえ間違わなければ間違いなく効果はあります。

そして健康に目覚め、マシンを使用した筋トレを初めて行う40〜50代のおっさんには、マシンや雰囲気も行きやすく、何と言っても利用料金が安いのがお勧めしたい理由です。

メリット

市や区のトレーニングルームを利用しておっさんが筋トレをすることのメリットは…

  • 利用料金が安い
  • 気軽に行ける
  • 基本的なマシンしかない

基本的なマシンしかないのは一見デメリットに感じるかもしれませんが、筋トレマシンに慣れていない筋トレ初心者がマシンになれるためにはこれくらいのほうがフォームの大切さなどを覚えるにはいいのかと思います。

1回の利用料金が缶コーヒー1本分から

市や区の運営しているトレーニングルームを利用するのに1番のメリットは施設利用料金の安さ

例えばtaa.の行っている春日部市のトレーニングルーム利用料料金は2時間の利用で110円。

週3回で1ヶ月通っても1,320円。

リーズナブルなトレーニングジムでも月額5,000〜だと思いますが、1ヶ月にすると3,680円もお得です。

カッコつけずに気軽に行ける

市区民体育館のトレーニングルームに行くなら何もカッコつけることはありません。

町中にあるトレーニングジムではないので、トレーニングするまんまの格好でいけますし、汗だくの体でそのまんま帰ったって平気です。

わざわざ意識高い系のおっさんを演じる必要は全くありません。

仕事帰りにスーツで行くもよし、作業着で行くもよし、おっさんだから化粧はしてないと思いますが、すっぴんで行ったって全然問題ありません。

ツイッターにトレーニングマシンと自分の顔のアップ『筋トレなう。』ってつぶやいたって、誰も市区民体育館のトレーニングルームなんてわかりませんから、SNSでは間違いなく意識高い系おっさんを演じられます。

基本的なマシンしかないので初心者にやさしい

これはメリットにもデメリットにもなると思いますが、40代過ぎたおっさんが健康の為や体を引き締める目的で、家でやる自重筋トレの延長線でやるなら全く問題ないレベルのマシンが設置してあります

もしも、筋肉をムッキムキのバッキバキにしたいおっさんは迷わずゴールドジムなどへ通うことを進めます。

デメリット

破格のリーズナブルさで気軽に筋トレできる市区民体育館のトレーニングルームですが、もちろんデメリットもあります。

  • 閉館時間が早い
  • マシンが少ない
  • トレーナーが毎日いるわけでわない
  • シャワーなどが有料
  • 雰囲気がゆるい

遅くても22時には閉まってしまう市区民体育館のトレーニングルーム

民間のトレーニングジムは利用条件により、24時間利用できる施設もあるようですが、市区民体育館のトレーニングルームの運営時間は遅くても22時。

運営時間は9:00位から遅くても22:00くらいの施設が多いようです

筋トレ効果の高いと言われる朝など、出勤前の筋トレなどは厳しいです。

筋トレマシンが少ないのがデメリットにも

基本的に市区民体育館のトレーニングルームに設置してあるマシンの種類も台数も少ないです。

民間のトレーニングジムなら効かせる筋肉によって、様々なマシンやダンベルなどが用意されていると思いますが、市区民体育館には基本的なマシンしかありません。

台数も少ないので、比較的利用時間が長くなる欄にマシンなどは、30分の時間制限などが設けてあり、ノートに時間と名前などを記入するシステムになっているところが多いようです。

聞きたいときにトレーナーがいない

筋トレマシン自体の利用方法は基本的には難しくはないと思いますが、効かせたい筋肉に効果的に効かせるための姿勢やフォームなどを、筋トレマシン初心者のおっさんなら絶対に教えてもらった方が良いですが、基本的にはトレーニングルームにトレーナーの方はいません。

市区民体育館にもよるとは思いますが、トレーナーがいる日と時間帯が月毎に決まっていて、その日しかトレーナーに質問できる日がありません。

なので市区民体育館筋トレおっさんはyoutubeやブログで正しい姿勢やフォームを勉強して真似るしかありません。

シャワーなどの利用料が別途かかる

市区民体育館のトレーニングルームを利用するなら、地元の方が多いと思うのでシャワーの利用などは少ないと思いますが、シャワーなどの利用が100円などの有料になることがあります。

更衣室の利用はもちろん無料でできますが、ロッカーの利用はリターン式のコインロッカーなどです。

自宅から来るなら、自宅あらトレーニングウェアで来て、自宅でシャワー浴びればデメリットにはなりにくいと思いますが。

己を高め合う雰囲気が0

市区民体育館のトレーニングルームなので、基本的にきている人は地元のおじさん(30代〜50代)くらいの方が多いと思います。

週末や日曜などは女性の方もランニングマシンやバイクを利用しに来ている方もいますが。

たいていのおっさん達は健康の為やにちょっと体を動かしに来ている方が多いのであまり自分を追い込んでいるおっさんがいないので、おっさんを高め合う雰囲気は皆無。

自分自身のヤル気と元気で、筋肉を追い込むしかありません。

まとめ

taa.はゴールドジムなどの民間のトレーニングジムには行ったことはありませんが、1ヶ月(週3)で市区民体育館のトレーニングジムに通ってみて正直感じているのは…

ゴールドジム行きてぇ

市区民体育館のトレーニングルームをお勧めするような記事を書いてなんですが…

結論は、自分が求める筋トレによって市区民体育館のトレーニングルームを利用するか、ゴールドジムなどの民間のトレーニングジムを利用するかを決めたらいいと思います。

本当は民間のトレーニングジムで目的に応じたメニューや食事のアドバイスをもらって筋トレするのが1番だと思いますが、健康のための筋トレが目的なら、たまにいるトレーナーにアドバイスをもらって市区民体育館のトレーニングルームを利用するのも良いと思います。

運動習慣が全くなかった意識高い系のおっさんやおねーさんが、民間のトレーニングジムに通って、1〜2ヶ月位しか続かず何ヶ月も無駄に5,000円〜の利用料金を払っているのをみたことあるので、初めは市区民体育館のトレーニングルームを利用して、本格的に鍛えたい!って思ってからトレーニングジムに通うのもありではないかと思います!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で