0 Shares

たった1,000円でムキムキ!トレーニングチューブおすすめの点と使い方

今日は安くて、気軽に筋トレができるトレーニングチューブを紹介します。

トレーニングチューブは安いくせに、使い方次第で色々な部位を鍛えられてコスパの良いトレーニングアイテムです。

そんな便利で底強度から高強度までラインナップのあるトレーニングチューブの使い方や、おすすめのトレーニングチューブなどを紹介します。

おすすめするポイント

トレーニングチューブをおすすめする理由は…

  • 安い
  • 自宅で簡単にできる
  • 強度を自在に変えられる

自宅で気軽にできて、使い方によっては背筋・胸筋・腹筋等のいろいろな筋肉を鍛えることができます

1,000円くらいで買えるのが魅力

トレーニングチューブの最大のおすすめポイントは安くてコスパが良いところです。

楽天でも安いものは1,000円以下で買えます。

トレーニングチューブの種類を大きく分けると…

  • 低強度のトレーニングチューブ
  • 中強度のトレーニングチューブ
  • 高強度のトレーニングチューブ
  • 数種の強度とグリップ等のセット

taa.がおすすめするのはチューブのみの方。理由は、チューブだけでも使い方によって色々なトレーニングができることと、色々な付属品や強度の違うゴムチューブを使って筋トレするくらいならジムに行った方がよっぽどモチベーションも上がりますし、効果も違うと思うから。

いつでも気軽に自宅で筋トレ

自宅で気軽に色々な部位をトレーニングできるんです。特に上腕三頭筋や二頭筋等の腕のトレーニングや肩の三角筋を鍛えるのには特にオススメです。

簡単に強度が変えられる

もともと弱・中・強とチューブの強度でラインナップがありますが、トレーニングチューブは一本あれば簡単に負荷を変えられるんです。

強度の変え方は超簡単

トレーニングチューブを手にぐるぐる巻いてチューブの長さを調整することで、簡単に強度を変えることができます。

トレーニングチューブを長くすれば強度は弱く、短く持てば強度が強くなります。

気軽に鍛えたい部位や、目的によってチューブの長さを調整して強度を変えてトレーニングすることができちゃう。

初心者におすすめするトレーニングチューブの使い方


値段が安く、保管場所もとらない、簡単に強度が変えられるトレーニングチューブのtaa.がおすすめする使い方を紹介します。

  • ジムに行けない日の宅トレ
  • 肩や腕のトレーニング
  • 正しいフォームの習得

ジムに行けない日の宅トレ

おじさんともなると、仕事でもそれなりの責任ある立場の方も多いいと思います。付き合いなどでジムに行けない日もあるかと思いますが、そんな時はトレーニングチューブが一本あれば最低限の筋トレが自宅でできます。

ジムに通い始めの頃は筋トレしたくてたまらないので、毎日でも行きたいっ!ってモチベーションも高いですが、ちょっと筋トレに慣れて来ると、ちょっとした理由でも筋トレを休んでしまったりします。

筋トレは続けることが1番大切です!

どうしてもジムに行けない時は少しでも体を動かして、しっかり習慣化させましょう!

たるんだ腕や二の腕と肩トレにおすすめ

自宅でトレーニングをしている方には、使い方次第で色々な部位を気軽に鍛えられるのでおすすめですが、トレーニング初心者なら肩・腕なら本格的に鍛えることもできると思います。

  • ハンマーカール
  • アームカール
  • フロントレイズ
  • サイドレイズ
  • リヤレイズ

手にトレーニングチュープを巻きつけて長さを調節することで、細かく強度を変えることができるので、それなりに高強度で筋トレができます。

軽い強度でフォームを習得

この記事を書いているのは筋トレを始めてから4ヶ月くらいですが、筋肉を効果的に鍛えるにはフォームがものすごく重要なんだと感じています。

特にtaa.のように、40代以降のおっさん達は体力や回復力が落ちて来るので、少ない回数でしっかり効かせたい部位に負荷をかけてあげる事が大切。

例えば上腕二頭筋のトレーニングで、20kgのダンベルを使ってダンベルカールを『あっあっ』って声出してやっていても、フォームが崩れていれば前腕(肘から手首)や僧帽筋などに負荷が逃げてしまい、狙っている上腕二頭筋には20kgの1/3しか負荷がかかっていないってことになりかねません。

負荷を100%狙った部位に効かせるのは難しいかもしれませんが、少しでも多く狙った部位にしっかり負荷をかけてあげるには、正しいフォームの習得が必要になります。

おすすめはワンハンド


ワンハンドとは片腕づつ行うトレーニング方法

狙った部位にしっかり重さをかけるには正しいフォームを意識することが重要。ワンハンドで、反対の手で効かせたい部位を触ってしっかり筋肉が伸縮していることを感じてください。

効かせたい部位を片手で触りながら筋トレをすると、必然的に触っているところに意識が集中しやすいので、筋トレ初心者の頃はワンハンドでしっかり丁寧にトレーニングしましょう。

トレーニングチューブの選び方

トレーニングチューブの選び方は目的に合わせて強度を選びましょう。

強度 目的
ソフト 女性の筋力アップ、引き締め
ミディアム 女性の筋力アップ、男性の筋力アップ
ハード 男性の筋力アップ、バルクアップ

ソフトは、普段スポーツなど全くしていない女性の筋力アップや体の引き締めなど。

男性であればハード(高強度)のトレーニングチューブで全く問題ないと思います。

お父さん、ママ、お子さんなど、家族みんなで使用する場合などは、複数の強度のチューブや付属品が付いたセットを買うのもアリですね。購入する際もこの方がママの了解をもらいやすいかもしれません。

トレーニングチューブの買い方

トレーニングチューブを買えるのは…

  • 楽天、アマゾンなどの通販
  • スポーツ用品店

アマゾンや楽天なら1,000円以下のトレーニングチューブもありますし、安いところがたくさんあります。

ちなみにtaa.が使っているのはこれ。

値段でいうと送料に注意すれば通販の方が安いです。

ただし、初めてトレーニングチューブを買うのであれば通販で購入するのはおすすめしません

理由は、ひっぱったりして実際に触らないと、本当の強度が体感としてわからないので、ソフト(低強度)を買って強度が弱すぎたり、ハード(高強度)を買って強度が強すぎたりして、無駄なお金を使ってしまう可能性があるからです。

スポーツオーソリティやアルペン、スポーツデポ、ゼビオ等の大型店なら必ず置いてありますし、実際に箱を開けて使用させてくれるので、できるなら実際に触ってみてから買うのをおすすめします。

まとめ

トレーニングチューブは安くて気軽に筋トレができるコスパの良い筋トレグッズですので、一本持っておくのは本当におすすめです。

自宅でがっつりトレーニングチューブを使って筋トレするもよし、taa.のようにジムに行けなかった時の補助的に使用したりフォームの習得の練習をするも良し。

トレーニングチューブは使い方やアイデア次第であなたの最高のパートナーとなりえます。

自宅に、家族に一本いかがっすか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で